防犯カメラにはどういった種類があるのでしょうか?

防犯カメラを導入する場合に調べてみると、いろいろな種類があるのに気がつきます。
形も違いますし、機能も違います。どういったものがあるのかをご紹介しましょう。
 
まずは、その形から4つに分類されます。
 
1番目「ボックス型の防犯カメラ」です。
誰が見ても防犯カメラとわかるタイプで使用目的や設置場所に応じてレンズが選べるようになっています。
標準的な防犯カメラで設置場所も選びませんから最も無難です。
 
特徴になるのは、見た目のプレッシャーや威圧感があることです。
万引きや不法侵入者を防止するために店舗が設置することもあります。
倉庫・工場・事務所の場合は、作業工程の管理や商品の管理をするように設置されていることもあります。
従業員の勤務記録に使われるのも、このタイプです。
 
2番目「ドーム型の防犯カメラ」です。
メリットはドームカバーに覆われていますから、レンズが汚れにくい面でしょう。
デザインもお洒落です。
商品をディスプレイしているところやエレベーターに使われるシーンが多いです。
人に接近した場所でも設置できるのがセールスポイントです。
 
防犯カメラを設置していることで威嚇的にみられなくない病院やホテルで利用されていることが多いです。
また、防犯カメラと気がつきにくいので、そんな目的で利用する場合は、
このドーム型の防犯カメラがいいでしょう。
 
3番目「小型コンパクトな防犯カメラ」です。
小さなカメラで「隠しカメラ」とも呼ばれることがあります。
ビジネス用途のオフィスや店舗用よりも、プライベートスペースの室内での利用や
住宅の玄関で設置されることが多いです。
 
4番目「カモフラージュ防犯カメラ」です。
防犯目的よりも趣味的な要素が強いです。スパイグッズのマニアには好評でニーズも多いです。
コンビニエンスストアの店内にある鏡に似せたタイプのカモフラージュカメラも市販されています。
 
次に、機能別な側面から区分してみましょう。
 
1番目「望遠型の防犯カメラ」です。
撮影が可能な距離に応じていろいろなレンズの種類が選べます。
近くよりも離れた場所を撮影したいシーンに向いています。
一般的な防犯カメラに利用するならば、30倍程度のレンズがいいでしょう。
 
コンビニエンスストアや一般店舗のレジでの従業員・スタッフの勤務状況を管理することにも使えます。
望遠型ですからお釣りの渡し間違いなどもチェックすることができます。
 
2番目「暗闇でも見える暗視型の防犯カメラ」です。
夜間でもターゲットをしっかり撮影できる赤外線暗視カメラを内蔵しています。
ターゲットとの距離を考えて赤外線の照射範囲が違います。
機種によって異なりますから選ぶときに注意しましょう。
 
3番目「無線式の防犯カメラ」です。
ケーブルが隠せない場所や配線工事をするのが難しい場所に設置するケースに向いている防犯カメラです。
ネックになるのは電波の状態によって画質が安定しないことです。
補助用の防犯カメラとして使われるのが一般的です。
 
4番目「ネットワーク型のIP防犯カメラ」です。
複数の店舗を管理したり遠隔地の防犯管理・監視をしたりするのに向いています。
インターネットのネットワーク回線を使うのが特徴です。
防犯カメラで撮影した動画をパソコンやiPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンやタブレットで
確認できます。
現在では一番新しいタイプの防犯カメラになります。


防犯カメラシステム